他者より強く、他者より先へ、他者より上へ!

人間関係の考察

みなさん、こんにちは。まふゆです。

今日のタイトルは、ガンダムSEEDのクルーゼさんからお借りしました。

Íomhá

「これが人の夢! 人の望み! 人の業!」

「他者より強く、他者より先へ、他者より上へ!」

「競い、妬み、憎んで、その身を食い合う!」

なんだか、アストルティアでも思い当たることが…?

人よりも強く…?

人よりも強く…と書くと、なんだかバトルの話のように見えてしまいますが…

別にバトルに限った話だけではありません。

なんでもかんでも比較して、あの人よりも強い、あの人よりもすごい!

と、他の人にマウントを取らないと気がすまない人っていませんか?

私はバトル勢ではないので、バトルのことはよくわかりませんが、新しい聖守護者がでた際には、最速討伐とかで盛り上がりますよね!

達成できる人はほんと、凄いと思います。

けど、そういう方の方が、あまりマウントを取るような行為を行わないような気がします。

(気がするだけかもしれませんが…)

これって、おそらく、バトルだけではなく、他のコンテンツでも同じような感じじゃないでしょうか?

先駆けて、色々なものを開発した(バトルなら討伐方法や構成等?)人ではなく、その情報を知ってから、他の人よりも少し早く達成した人がマウントを取ろうとしている…

そんな気がします。

虎の威を借る…

実力があって、自分で達成したことに対してマウントを取る…のは、まぁ100歩譲っていいとしましょう。

それなりに努力してるんでしょうから…。

そうではなく…

○○さんは私の知り合いだから!

と、すごいフレンドさんの名前でマウントを取ろうとする方も居ます。

例えば、著名なブロガーさんとフレだよ!

とか…

あれ…?

なんだか昔、そんなこと言ったような…ww

私も含めて…ですが…あなたがすごいのではなく、フレンドさんが凄いんですよね…。

気をつけます…

マウントって…

結構、マウント取る人って気づかずにやってることが多いようですね。

コミュニケーションの難しいところですけど、自分が話してて気持ちいいときって、相手はちょっと引いていると思ったほうが良いかもしれません。

自分が話してて楽しい…

ではなく、自分が話してて気持ちいい…

そんなときですよ!

Pocket
LINEで送る

コメント

  1. どうしてボクたちは、最後まで視聴してしまったんだろう…
    キラ・ヤマトもびっくりです

    旧エヴァ アスカ『気持ち悪い』
    …無言で映画館から帰って行く観客が今でも忘れられません・・・

タイトルとURLをコピーしました