ほんとにあった回線落ちの原因と対策

考察

みなさん、こんにちは。まふゆです。

今週、家のネット回線をNTTからBIGLOBEに変更したところ、どうもドラゴンクエスト10の調子が悪い…。

これは、回線変更失敗したか…!?

と、思いましたは、原因は自分にありました…。

今回は、そんなネット回線に関するお話です。


人気ブログランキング

ドラゴンクエスト10の通信

ドラゴンクエスト10は、インターネットを活用したMMORPGです。

そのため、ネット回線とはきってもきれない関係にあります。

過去に一度、回線に関する記事を記載しましたので、こちらもご参照ください。

主に、回線速度(○○bps)とか、応答速度(ping)について記載しています。

ドラゴンクエスト10をプレイするためには、どれだけ多く見積もっても、

通信速度が10mbps以上で応答速度(ping)が20ms以下

であれば、問題ないかと思います。

けど、今回は…

この回線状況で、ラグが頻発、そして1時間で回線落ちが2回という状況になったのです。

思わぬ場所に落とし穴

数値上、通信回線には問題がなさそうです。

しかし、現実として、回線の調子が悪くなっていますので、どこかに原因があるはず…。

と、思い、改めて、プロバイダ変更によって変更した諸々を確認してみました。

変更したのは、以下の2つ…

①もともと設置していたルータの設定変更

②NTTから送られてきたモデムの設置

某ショップの店員の説明では…

BIGLOBE光を使用するには、NTTから送られてくるモデムを設置する必要がある。

モデムなので、壁面の回線端子とルータの間につなぐだけでいい。

ルータのPPPoEの設定をいじるだけで、新しい環境で接続できるというものでした。

つい、調べるのが面倒で、言われたとおりにやってみると、回線が不安定に…。

問題は2重ルータだった!

さすがにおかしいので、NTTから送られてきた機器が本当にモデムなのかどうなのか、調べてみました。

すると…

ひかり電話対応ホームゲートウェイ

という、いやな予感が…

やはり、ルータ機能を持った機器でした。

つまり、2重ルータになっていたのです。

ものすごく簡単に図解すると、

こんな感じになっていたんですね。

インターネットでは、IPアドレスというアドレスを使ってデータのやりとりを行っているわけですが、ネットワークが異なると、そのネットワークに対応したIPアドレスに変換する必要があります。

2重ルータの場合、ドラゴンクエスト10をプレイするPCからインターネットに抜ける前に、もう1つネットワークを経由する必要があります。

そのため、通常、1回で済むアドレスの変換を2回実施しなければならず、アドレスの変換に失敗してデータが迷子になるケースが非常に多くなってしまいます。

なので、2重ルータは、特別な目的がなければ、極力避けたほうがいい構成になります。

構成の見直し

原因がわかれば、あとは対処するだけです。

まず、NTTから送られてきたホームゲートウェイは、壁面の端子から直接接続しなければなりませんので、この機器を外すわけにはいきません。

外すと、ひかり電話が使えなくなっちゃいますしね。

ということは、このルータの機能を活かす構成を検討する必要があります。

しかし、残念ながらこのホームゲートウェイには、無線LANの機能が備わっていません。

なので、無線LANは元のルータを使用したい。

というわけで、以下の構成にしました。

2つとも、こちらのネットワークにいれるという方法ですね。

殆どのルータは、ルータ機能を使用しなくするブリッジモードやアクセスポイントモードといった機能が備わっています。

その機能を使用して、ルータとしてではなく、無線LANのアクセスポイントとして使用することにして、同じネットワークにいれてしまいました。

これでドラゴンクエスト10をプレイすると…

これまでの不安定さが嘘のように、快適な通信が復活しました!!

本日の教訓

どんなに詳しそうに見えても、ショップの店員さんは信用しない。


人気ブログランキング
Pocket
LINEで送る

コメント

  1. NTTとNHKは最低ね… (違う)

    Windows10のWi-fi が良くわからんのです。
    昔のPCは USB さすだけで出来たのに…。(Windows10 では 親機モード になれない)
    どれなら出来るん?って任天堂に聞いたら、知らん、自分で探せ言われて絶望した思い出。

    • さすがに任天堂に聞く問題じゃないとおもうよw
      USBのWi-Fi受信機かなぁ?ドライバ対応してないとか…?

タイトルとURLをコピーしました