まふゆのボードゲーム:レシピ

まふゆのボードゲーム

みなさん、こんにちは。まふゆです。

毎日ブログを書いていると、ネタ切れ感がものすごくなってきましたので、もうボードゲームも追加だ!

ということで、まふゆの落書きは、まふゆのボードゲームも兼ねる感じにしていきます!

ドラクエに疲れたら、アナログで遊べるボードゲームなんかもおすすめですよ!


人気ブログランキング

レシピ

本日、紹介するのはうちの子供が大好きなカードゲーム、レシピです。

ルールは、ランダムに選んだ料理の材料を集めるというもので、カード版のどんじゃらと言ったところでしょうか。

料理カード1枚と、具材カード6枚を手札として、料理カードに記されている具材を、早く集めたほうが勝ちとなります。

レシピメニューカード画像
レシピぐざいカード画像

自分の順番で、山札から1枚とって、いらない具材を1枚捨てる。

捨てられた具材が欲しい場合は「レシピ!」とコールして手に入れ、いらない具材を捨てる。

ただ、これだけのルールです。

レシピの面白いところ

このレシピというゲーム、具材カードの枚数が一定ではありません。

麻雀だと各4つずつ、ドンジャラだと3個や6個と決まっているかと思いますが、レシピはたくさん入っている具材と1枚しかない具材とがあります。

なので、他のプレイヤーの料理を予想して、その料理に使う具材で、ゲーム内に1枚しかないカードを押さえていると、相手の勝利を止めることができたりします。

同じ用にやられるケースも多いですが…

山札がなくなって、お互いに手札を見せると、見事にお互い止めていた…ということもあります。

こういう部分で、若干の戦略的要素もあったりしますが、基本的には小さいお子様でもできるゲームですので、相手に合わせた遊び方ができるのも魅力の一つかもしれませんね。

ちょっと変わった?遊び方

レシピは、料理の種類を変えて、様々な種類が販売されています。

オーソドックスなものから、北海道料理、沖縄料理、スイーツ、ハワイアンなどなど、結構な数のバリエーションが出ています。

これらはみんな、拡張キットというわけではなく、単品で遊ぶことができますので、どれを買っても問題ありません。

そして、複数のレシピを持っていると、混ぜて遊ぶこともできます!

レシピは裏面がすべて同じに作られていますので、北海道料理と沖縄料理を混ぜてプレイするということができます。

混ぜると、カードの枚数が2倍、料理の種類が2倍になりますので、今までより読みづらい戦いになります!

普通の1種類だと、お互いすぐに手の内が読めてしまうという場合におすすめの遊び方です。

最近ボードゲームが好きで色々買っていますので、これからもちょっとずつ紹介していこうと思います。

ぜひ、おすすめのボードゲームも教えて下さいね!


人気ブログランキング
Pocket
LINEで送る

コメント

  1. カードゲーム(遊戯王)をしてました。…だんだんテキストが長くて、見えなくなっていって…。
    魔法、罠、モンスター効果で破壊出来ないとかわけわかめで‥。
    召喚方法が多数存在してもうついていけなくなりましたが ( ゚Д゚)

タイトルとURLをコピーしました