私の大富豪の戦い方

まぁ、とても常勝とは言い難い戦績ではありますが、私の大富豪の戦い方を公表します!

これを読めば、対まふゆ対策は完璧…かも!
よければぽちっと押してください!

人気ブログランキング
戦いとは、常に二手三手先を読んで行うものだ。
未来の偉い人が言った名言ですね。
彼はその後、ほとんど勝ててませんが…
私の中では、大富豪はまさにこれだと思っています。
私と大富豪やった人、気づいてる方も多いと思いますが、私は前半、あまり攻勢に出ないんですよね…
10枚くらい1人でため込んでる時も、そこそこありますよね!!
こちらの動画とかみていただけるとわかるかと思います。

実はこれ、場に出て強めのカードの枚数を数えて、主導権を取れるタイミングを伺ってるんですよね。
さて、ここで改めて大富豪の常識的な部分の確認です。
  • 大富豪は、トランプを使って行うゲームです。
  • つまり、各カードは4枚しかありません。
  • 特殊なルールがいっぱいあります。

まぁ、何も特別なことはありませんよね。

けど、結構重要なことで、手持ちがAしかなくても、2が4枚場に出てれば最強のカードになるんですよね。
なので、私は、ある程度強めのカードがある時でも、主導権が確実に取れるって時しか動かないことが多いです。
なので、みんなが残り4枚とかの時でも、平気で10枚くらい持ってる時がよくあります!
確実に主導権が取れることがわかったら、次にやることは、勝つためのルートを考えることでしょうか…
その1回だけ主導権を取ったとしても、その後取り返されると、思うようにカードが出せないですよね。
なので、ここから先、ずっと私のターンにするためにはどうすればいいかを考えます。
複数まとめて出すのか、階段で出すのか、単品で出すのか…8斬りはいつ使うか、弱いカードはどう処分するか…
この辺りをざっと考えて、ルートができたら攻勢に出ます!
わかりやすいのは、相手が1枚しか手持ちにない時…
複数枚出してたたみかけましょう。
単品で弱いカードは大変危険なので、こうなる前に捌いておくか、最後の1枚に使う覚悟でいきます。
相手が2枚なら…
2枚出しの可能性があります。
もしくは、8+単品カードの可能性ですね。
革命がないことを前提に考えると、2の2枚、8の2枚はありえないので、2枚出しならAやKあたりで…
単品で7以下は8斬りのリスクが高いのでやめたほうが無難です。
私なら複数枚出しながら様子を窺いますね。
相手が3枚なら…
3枚出しの可能性は極めて低いと思います。あっても、A3枚K3枚でなければ攻勢に出れないので、場のカードを把握しておけば、3枚出しの可能性はほとんど消せます。
8斬り後の2枚出し、8斬り、2の後の単品などが考えられます。
複数枚で攻めたいところですが、単品しかない場合は…8より大きいので攻めたほうが無難でしょう…
というようなことを考えながら戦っています。
手札があまり良くなくても、最初から強いカードを惜しみなく使ってくれる人が相手なら勝てることもあります。
あくまで一例として、ご参考に…
よければぽちっと押してください!

人気ブログランキング

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました