唄パフォの作り方(ウタヒジリさんの場合)

皆さま、大変お待たせしました。
唄るむの主人、ウタヒジリさんの登場です。
これまで、しえちゃん、みうちゃんという2人のアイドルについて、歌パフォの作り方を記事にさせて戴きました。
みなさん、色々な工夫をされていて、私自身、とても勉強になっているこのシリーズに、とうとう唄家が登場です!
IMG_2146

SETP1 曲選び
ウタヒジリさん(というか唄家全般ですね)の曲選びは、2パターンあるとのことです。
まず1つ目は、好きな曲を選ぶという方法です。こちらは、ほとんどの方と同じではないでしょうか?
やはり、自分の好きな曲で作るとモチベーションも上がりますよね!
気になる2つ目は…全体のイメージと妄想をまず用意してそれにあった曲を選ぶ方法です。
はい、いきなり出ました。
曲より前に全体もイメージができて、それに曲を合わせるとか、どこの演出家ですか?
ちょっと感覚がやばいですね(あ、いい意味ですよ!)
曲が決まったら、表現したいもの、イメージした通りの歌詞・しぐさを入れたら第一段階完成だそうです。
IMG_2391

STEP2 実演
曲選びが終わり、その内容を登録したら、まずは実際にやってみるとのことです。
まぁ、ここはみなさん実施されているところですよね。
作ったらまずはやってみる。ここまでは理解できました。
次に、実際にやってみて、修正したい部分を修正する…とのことです。この修正というプロセスもみなさん実施されているところですね。
その修正内容というのがこちら…
「歩きたい部分とかタイミングずらしたいものがあれば、『発動タイミングを弄って歩いた時にどう出るか』とか、『順番入れてったらどうなるか』とかで、しぐさ有りでチャットの発言タイミングを『終わり』にしてるのを、しぐさ無しのチャットで追い越したりとか、そういうの、入れてくんですよね」
はい、プロの仕事です。
私だと、この辺りはたぶん、どのしぐさを使うかとか、歌詞をどう魅せるかとか、そういうところをチェックしている段階ですよ…。
この時点で、歩くとか発動タイミングとか、すごいですね…。
えと…あとはこの修正を繰り返して、あの素敵な唄パフォ(唄家による歌パフォーマンス)が完成するとのことです。
IMG_2392

おまけ
ここまで読んでいただいた皆様に!
ウタヒジリさんからテクニックの伝授です!!
こちら、私なんかの拙い文章で書くよりも、本人の言葉をそのまま書いた方がわかりやすいと思いますので、加筆修正は最低限にとどめ、基本はウタヒジリさんの言葉をそのまま掲載します!

「歩きたい部分とかタイミングずらしたいものがあれば、『発動タイミングを弄って歩いた時にどう出るか』とか、『順番入れてったらどうなるか』とかで、しぐさ有りでチャットの発言タイミングを『終わり』にしてるのを、しぐさ無しのチャットで追い越したりとか、そういうの、入れてくんですよね」
これをすることで、見た目が素敵になるのと、枠が開くのはもちろんのこと、定型分化されてるから入力ミスも減るんです。
でもって、アドリブ差し込みやすくなるんですよね。
1枠を2回使うとか、アドリブ入れるとか、タイミングずらして枠節約とか、その辺がたぶん他の人と少し違う部分ですかねぇ。

ウタナガレのLIBERTYが、定型の組み方としては、まさにそうですね。
テーマはライブ
ノリがあって、イメージもあって…。
それを、どうやったらかっこよく作れるか。
特にナガレは、これをしないと、短期間に3つの吹き出しを連続で出す部分があるんだけど、1個1個だと出ないんですよ。
1、2、3ってあったら、1、3は普通に出す。2はキャンセルの終わりで出す。
こうしないと、1、2は出ても、3のタイミングが短すぎて出てこないんです。
とまぁ、色々、試行錯誤があったんです

流石に、年季が入ってるだけあって、素晴らしいですね!
まだまだ、この領域にはたどり着けそうにはありませんが、いずれ…追いつけるといいなぁ。
次は、師匠の歌パフォの作り方をインタビューしたいな!
ということで、今回はこれで終了です!
よければぽちっと押してください!

ドラゴンクエストXランキング

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました