唄パフォの作り方 (まふゆの場合)

渡月橋を作ってから、あまりの評判の良さに全然新曲を作っていなかったのですが、こちらのイベントに出演させていただくこととなりましたので、久しぶりに新曲の作成を行なっています。



そこで、今回は私の唄パフォの作り方を一部公開したいと思います!
これを見て「え?これなら私でもできそう!」っていう方が、どんどん増えてくると嬉しいですね!
ではでは、早速、ご紹介します!
SETP1 曲選び
私、個人的には、この曲選びが一番大事なんじゃないかなって思っています。
曲によって、唄パフォのイメージが大きく変わってきますが、やっぱり自分が一番好きな曲を選ぶのがいいと思いますね!
何度も聞いて、繰り返し練習しますので、好きな曲だとモチベーションが高まります!
IMG_0002
SETP2 歌詞の入力
次に、定型分に歌詞をばばーっと入力しちゃいます。
ここでは、しぐさはまだ何も入れずに、20文字という制限の中で、歌詞をどう表現するかだけに集中して、入力してしまいますね。
いろいろ凝りたいんですが、定型文の枠にも限りがありますし、白チャで連続で表現するのは時間的制約(連続して定型分を入力しても表示されない等)もあります。
私の場合は、まずは自分の表現したいように、いったん最後まで入力して、この時点では数的にオーバーするときだけ微調整を行なっています。
IMG_0003
SETP3 歌詞の確認
歌詞が入れ終わったら、ちゃんと表示されるか、実際に曲をかけながら定型分を表示させていきます。
ここでは、時間的な制約を受ける場所が無いか…という確認だけですね。
何もしぐさが入っていない状態で表示されなければ、そこの表現はもうできないと諦めて、定型分を加工して表示できるようにしていますね。
SETP4 しぐさ選び
ここからが、唄パフォを作っていて、一番楽しい時間ですねw
定型分にしぐさを埋めていく作業です。
私は、歌詞の雰囲気に合うようにしぐさを考えていますが、ここはほんと、色々な表現方法がありますよね。
他の人のを見るのは、すごく勉強になります!
個人的に、みんなでノリノリ〜!っていう曲よりも、しっとり魅入ってもらうような曲を選ぶことが多いので、似たようなしぐさが多くなってしまうのが…
もっと色んな表現方法を勉強したいですね。
IMG_0004
SETP5 総合確認
最後に、何度か通してみて、変なところがないか、うまく表現できているかを確認します。
特に、作った当日は、できたっていう満足度からか、どんなものでも上手く見えるので、時間を変えたり、日を改めて確認しますね。
結構、歌詞の意味としぐさがマッチしていないとか、表情がイマイチとか、そういう問題が出てくるんですよね。
IMG_0005
こんな感じで、曲作りをしています。
ちなみに、曲全体のイメージは、隙間時間とかでやってたりするので、実際にはもう少しSTEPがあるのかな?
ここまで出来たら、お師匠様であるあまぎゆきこさんに確認をお願いしています。
ほんと、いつもいつもありがとうございます!!
この記事で、一人でも多く、歌パフォーマーが増えればいいな!
よければぽちっと押してください!

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました